庶民の味方

スズキ「スイフト」が「2018年次 RJC カー オブ ザ イヤー」受賞

Swift_2017

 スズキは11月15日、小型乗用車「スイフト」が日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2018年次 RJC カー オブ ザ イヤー」を受賞したと発表。スイフトは2005年、2010年に続き3回目の受賞となる。

 RJCによる受賞理由は「スイフトシリーズはスポーツやハイブリッドもバリエーションにそろえ、幅広いユーザーに対応。特に6速MTのスイフトスポーツは、動力性能、操縦性も優れ、高いスポーツ性を持つ。独自の機構を持つハイブリッドは、5AGSともマッチングしたもので、利点の多いハイブリッドを廉価に提供した」としている。

 なお、スズキ車が「RJC カー オブ ザ イヤー」を同受賞するのは、「ワゴンR」(1993年)、「ワゴンR/ワゴンRスティングレー」(2008年)、「スイフト」(2005年、2010年)、「ハスラー」(2014年)、「アルト」(2015年)に続き、2年ぶり7度目。

ここまで引用

どんだけスズキが好きなんだよ

と、突っ込みを入れたい気持ちもあるが、RJCらしいちゃらしいわな

メーカーと自称車評論家のセンセイ方のお祭りであるCOTYがレコード大賞とするならば、RJCは有線大賞みたいなもんか

メーカーの技術者さん的にはどっちの受賞が嬉しいのだろ?

| | コメント (0)

剥離

R2のスタッドレスタイヤ履き替え作業

雪予報の欠片すらない中での交換理由は此方

Resize6619

走行中に微妙な振動を感じ、確認してみるとこの様な状態

専門用語ではセパレーションと呼ばれる現象で、表面ゴムと内部が剥離しているらしい

流石5年落ちのタイヤとなると色々とあるもんだな

履き替えた直後から感したのだが、やはりスタッドレスの方が転がります

動き出しのスムーズさ、アクセルオフ時の減速感、等々GY製スタッドレスの方が好い感じ

今シーズン(以降)用のタイヤを仕入れたばかりですが、このまま履き潰しちゃっても良いかな

| | コメント (0)

コウキテンロクシロ

一部で流行りの兆しがある、後期1.6TSの白

Autowp_ru_alfa_romeo_147_white_edit

セレも悪くはないのだが、やはりMTの方が幸せになれそうな気がする

問題なのは中古市場価格

タマ数は仕方がないとしても、最終型のMTということで結構強気な価格設定が多い様な

更にはエンジン云々までやることを考えると+数十万円の予算が必要となる

セレで我慢するしか無いのかな・・・・


| | コメント (0)

レッドゾーン

今更ながら147で気になることが見つかった

標準モデル(多分)

Resize6610

コレツィオーネ

Resize6611

ドゥカティコルセ

Resize6612

ちょっと見辛いが、何故かドゥカのみがレッドゾーンが6500rpmとなっている

更に調べると、最終型ともいえるスポルティーバⅡもドゥカと同じ6500rpm

年式的には略同じ筈なのだが何が違うのか

実際には6700rpm(くらい)レヴリミット、そしてセレでは6500rpm(だったかな?)での強制シフトアップとメーターなど全く関係ないのだが、ちょっと気になってしまう

おそらくなのだが、標準メーターは雰囲気重視の7000rpmレッドだったものの、一部ユーザーからの問い合わせ(クレームとも言う)に対し、後期特別仕様は正直メーターに変更したのかも

| | コメント (0)

次の50万台

ホンダ、「ステップワゴン」の国内累計販売台数が150万台を突破

1996年5月に発売され、21年5カ月後の2017年10月末に達成

Stepwgn

 本田技研工業は11月7日、ミニバン「ステップワゴン」の国内累計販売台数が、2017年10月末時点で150万台を超えたと発表した。

 ステップワゴンは、1996年5月の発売から広い室内空間や乗用車感覚の走りなどを特長としており、2015年4月に発売した5代目のステップワゴンでは、力強くスムーズな加速の直列4気筒DOHC 1.5リッター直噴ターボエンジンや、縦にも横にも開くテールゲート「わくわくゲート」などを採用。

ここまで引用

記事中画像に記載されておりますが

1996年5月  発売開始

1997年3月  国内販売台数10万台

2001年6月  同50万台 (2代目)

2008年7月  同100万台 (3代目)

2017年10月 同150万台 (5代目)

と、僅か10ヶ月で10万台、そして5年1ヶ月で50万台突破と月販1万台のペース

しかし次の50万台までには7年1ヶ月、そして今回は9年3ケ月掛かって50万台と徐々にペースダウン

このペースダウン、というか人気の落ち込みの理由は簡単

新車そのものが売れなくなって来ているというのはもちろんだが、何よりもホンダらしさが無くなって来ているの一番の理由

一部自動車マニアからすれば、ホンダというとタイプRだ高回転型エンジンだと走りの面ばかりに注目が集まるが、こういった面も含めて他社(車)とは違う何かを持っているのがホンダの魅力だった筈

現行ステップワゴンでも横開きリアドアやダウンサイジングターボ(既に死語?)等々、ライバルモデルにない装備や仕様はあるものの、他社の後追いをしている様なパッケージングやデザインじゃ駄目だろ

幸いにも今のホンダにはN-BOXという大人気モデルが存在している

素人目にはタントやスペーシアと何が違うのかよく判らんが、購入層から見たら他社にない魅力があるのだと思うのだが、この辺をメーカーが理解出来ているのか否かで次の50万台のペースが決まるわけだ

ただ現行モデルの売りが光物系グレードだったり、更にはシビック(と名乗る車)を見る限りでは難しい様な気がするな

| | コメント (0)

今日の富士 後編

20分枠ということで迷っていたのだが、前枠が余りにも酷かったこともあり最終枠も走ることに

NS4 D枠

晴れ 気温14℃ 湿度68% 路面ドライ 走行台数10台強

タイヤ:A08B F/R:205/55-16 空気圧 冷間F2.00/R2.10

車高:リム~フェンダーアーチトップ  FL561 FR560 RL563 RR560

トー:F 0 Rイン10′

バネレート:F14k R7k

減衰:F/R4段戻し 

2:17:369

2:16:453

2:18:148

2:13:818

2:18:935

2:15:962

2:14:669

2:14:104

久々の赤文字表示です

とはいえ、セカンドベストや前枠のタイムを考えると 『自己ベストは13秒台』 とはちょっと言い難い

ただ救いなのは14秒台の周はもちろん、ベスト周でも失敗した箇所をしっかりと把握出来ていること

コカ進入は何時ものことだが、前枠同様に100Rのアンダーが消せなかったこと

その影響もあってかヘアピン進入、そして脱出のタイミングもイマイチ

続くSec3でもシフトタイミングが合わせられずに、全てのコーナーの進入が決まらぬ状態

こんな状態で13秒に入った(入れた覚えはない)のだから、もうちょっと頑張れば12秒台も、と考えれなくもないのだが、↑に挙げた数々の失敗も無用な頑張り過ぎが原因ともいえなくない

6月に14秒台に入った時には 『冬場になれば12秒は余裕でしょ』 などと妄想していたのだが、現実は簡単にはいかんわな

| | コメント (0)

13秒818

何とか13秒台に入りました

しかしながら13秒台は1周のみでセカンドベストは14秒1という微妙な数字

 

以前はベスト更新の度にP-LAPの画像をアップしておりましたが、今回はなし

仕様的に考えても九九の暗記レベルといったところか

TI号を潰していなければ、1年前には余裕でクリア出来たタイム(の筈)だけに 『ようやく出たか』 といった感じであまり嬉しさはありませぬ

一昨日は14秒台で遅いというておきながら、13秒台に入っても遅いと感じてしまう

これがコンスタトに13秒台、そして頑張って12秒台に入ったとしても変らないんだろうな・・・・・・

ぃゃ流石に12秒に入れられれば喜ぶか

多分

| | コメント (0)

今日の富士 前編

Resize6616

NS4 C枠

晴れ 気温16℃ 湿度50% 路面ドライ 走行台数30台くらい

タイヤ:A08B F/R:205/55-16 空気圧 冷間F2.00/R2.10

車高:リム~フェンダーアーチトップ  FL561 FR560 RL563 RR560

トー:F 0 Rイン10′

バネレート:F14k R7k

減衰:F/R4段戻し 

2:27:251

2:21:060

2:15:291

2:22:945

2:19:269

2:14:728

2:14:575

2:14:817

2:21:389

2:17:141

2:15:321

2:14:841

今日こそは13秒台を、と臨んだものの結果は撃沈

序盤はちょっと引っ掛かり気味でクリアが取れず

中盤には無事クリアが取れ3周連続アタックが出来たのだが、その後クーリングラップを挟んだ後は抜いた抜かれたで不完全燃焼のままに走行終了

湿度が高めとはいえ、この季節で14秒台じゃ拙いだろ

最大の敗因は運転手であることは間違いないのだが、もう一つタイヤ変更が影響していたのは確か

RS-Vから08Bに履き替えて2度目の走行だったのだが、前回同様どうも100Rが上手く決まらない

進入はちゃんと曲がってくれるのだが、その分ラインが小さくなってしまい結果的には出口がきつくなってしまう

前々日の走行終盤には何とか合わせ込められたのだが、二晩寝たらまた元に戻ってしまった模様

ぃゃぃゃちょっと拙いぞ

| | コメント (0)

昨日のスバヲタ

ガラガラのパドック(と言うよりピットガレージ前)の片隅にスバル車の集団を発見

Resize6603

スバヲタの集い?

と思ったものの、その手の方々が陣取る様な場所ではない

何かのテストか?

と、案の定こんなんが走ってました

Resize6604

ニュル仕様のテスト走行の模様

パドックでは路面温度を測るメカニック氏や辰巳監督の姿も

つぅかスタッフさんの車種構成が好いよね

WRX、レヴォーグ、そしてクロスオーバーとマニアックな車ばかり

まぁ元々マニアックな車種しかないわけだが

社用車なのかスタッフのプライベートカーなのかは判らんですが、これがトヨタやホンダとなるとミニバンが数を占めちゃうんだろうな

うん、やっぱりスバルだよ

| | コメント (0)

昨日の富士

NS4 D枠

晴れ 気温20℃ 湿度28% 路面ドライ 走行台数10台強

タイヤ:A08B F/R:205/55-16 空気圧 冷間F2.00/R2.10

車高:リム~フェンダーアーチトップ  FL561 FR560 RL563 RR560

トー:F 0 Rイン10′

バネレート:F14k R7k

減衰:F/R4段戻し 

2:23:180

2:16:512

2:14:938

2:14:984

2:14:818

2:25:559

2:15:331

2:33:843

2:20:531

2:18:370

2:17:173

2:14:617

3連休初日なんでどうだろ?と思っていたものの、予想以上に少ない台数

仕事の人も多いのか、午前と昼過ぎ枠でも30台前後だったとか

計測3周目から14秒台連発となったものの、クーリングを挟んだ中盤以降はクリアが取れず、最後の最後でようやくの当日ベスト

同時に4号機でのベスト更新(多分)となったのだが、車の仕様から考えれば二桁の足し算レベルの数字

気温が高めだったとはいえ、年末に12秒台を狙うにはちょっと遅過ぎ

セクターベスト合計での仮想ベストは14秒2となっているものの、微妙にスリップが効いていた周回ということもあり、正確?なセクターベストは14秒4といったところか

やはり微妙だな

| | コメント (0)

«コース改修