« 中嶋一貴 来期レギュラードライバー決定!! | トップページ | トヨタ自動車 »

凄いぞTipo

Tipo誌12月号にトヨタGP批判記事が載っていた。

その記事のタイトルは

敢えてトヨタの広告差し止めを覚悟してしたためた局ヤマ、入魂の一筆!

「富士の病」を「不治の病」にしないために・・・・・・・

記事の内容を簡単にまとめると

『トヨタはF1が誰の物なのか考えろ』

まぁ記事の内容は置いといて俺様が感心したのは記事タイトルの

敢えてトヨタの広告差し止めを覚悟してしたためた

の一文。

この一文を入れることにより読者はもちろん、トヨタ関係者の目に留まり易くなるのは間違い無い筈。

トヨタ側としては記事の内容的には「またかよ」程度にしか考えていないのだろうが、タイトルにトヨタの名前をここまではっきり書かれるとは考えていなかったんじゃないかな?

これでネコ・パブッリシング社への広告差し止めや広報車両貸し出し中止なんてやった日にゃ

「F1の不祥事?そんなん知らねぇよ」

「こっちは宣伝になりゃ良いだけなんだよ プゲラ

本音を告白したのと一緒だからねw

|

« 中嶋一貴 来期レギュラードライバー決定!! | トップページ | トヨタ自動車 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凄いぞTipo:

« 中嶋一貴 来期レギュラードライバー決定!! | トップページ | トヨタ自動車 »