« (^ω^)<JT150 | トップページ | (^ω^)<おまけ »

(^ω^)<素人考え

高速の被災者無料化、料金所渋滞で通過1時間も

 東日本大震災の被災者を対象にした東北地方などの高速道路無料化で、料金所の渋滞が深刻化している。

 利用者は一般レーンで被災・罹災(りさい)証明書などを提示しなければならず、その確認に手間取るためだ。料金所通過に1時間かかるケースもあり、男性トラック運転手(33)は「高速の意味がない」といら立ちを隠さない。

 3連休中日の17日には東北道の仙台南インターチェンジの料金所を起点に3・7キロの渋滞が起きた。東日本高速道路によると、6月20日の無料化以降、岩手、宮城、福島3県の高速道路の通行量は1割増えた。以前は8割がETCレーンを利用していたが、無料化後は一般レーンが7割と逆転した。

(^ω^)<以下素人考えです

◎対象地域の料金所を使用した場合は上限1000円とする

◎現在の無料対象者に対しては領収書の提出により料金を後日返金

対象外の地域に住んでいる人でも、親戚知人等を訪ねる人やボランティアで行かれる人も居る筈だ

1000円高速自体は反対だが、観光客増加に依る復興支援を考えれば、地域限定での1000円高速の継続という手もあったと思ふ

こういったことを考える必要もあったんじゃないのかね?

|

« (^ω^)<JT150 | トップページ | (^ω^)<おまけ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。