« (^ω^)<SUPER OHLINS走行テスト6回目 | トップページ | (^ω^)<計測ポイント »

(^ω^)<昨日のまとめ

車載映像とロガーデータとにらめっこ

・1コーナー

速い時は2速に落とした時のエンブレ依存度が低い

ブレーキ開始ポイントをあと10mくらい手前にした方が良いかも?

・コカコーラ

進入で落とし過ぎ

速い時のアクセルオンはCP以降となっている

・100R

速度の差があるので一概には言えないが、CP以降気持ち良く曲がってくれる

この状況が冬場でも出てくれることを願う

・へアピン

コカ同様

『CPからアクセルオン出来る=進入速度が遅い』

ってことなんだろうな

もうちっと進入速度を上げてやろう

・300R

ラインに依る速度の大きな差は無し

気分的、小回りの方がやる気が出る

・ダンロップ

低値安定

・ターン13

この季節は全開の方が速い

出口がやや余り気味

13~プリでコンマ3・4秒稼げるのは判っているんだから、もっと踏め

・プリウス

一番の鬼門

進入の姿勢を作ろうとすると速度が落ち過ぎてしまう

『早め長め』より『遅め強め』の方が良いのか?

ターンインのタイミングを奥にずらした方が方が楽なのか?

次回の課題だな

・最終

プリ同様

大回りで縁石からタイヤ1本分空けたラインの方が速いかもかも?

ここも次回の課題

・ストレート

コントロールライン過ぎでZ33に抜かれたのだが、この周だけ最高速度が6km/h速い

速度差が大きくても結構スリップが効くのか?

それとも速度差が大きいから離れていても効くのか?

取り合えず、離されても真後ろに着くのが重要っぽい

・パワーパワー

最終ボトム速度が5km/h程度違っても最高速度は殆ど変らんことが判明

冬場は↑の速度が比例していることから考えると、この季節はパワー的に相当厳しいといふことになる

コカコーラ、ダンロップ前の最高速度は共に冬場の5~7km/h落ち

20km/h程の差があるにも拘らず、落ち込みが一緒ってことはギア比云々よりも、やはりパワーなんだろうな

|

« (^ω^)<SUPER OHLINS走行テスト6回目 | トップページ | (^ω^)<計測ポイント »

サーキット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。