« ( ゚д゚)<1時間半 | トップページ | ( ゚д゚)<脱税疑惑 »

( ゚д゚)<特売価格

陰りゆく日本の中型セダン「カムリ」、「アコード」の米国販売

 チャーリー・スミスさん(63)にとって、手ごろな価格の家族向けセダンを買うことは、頭を使うことではなかった。日本車は品質や信頼性、再販価値においても抜きんでているとの確信から、たいてい日産自動車の車を買っていたからだ。

 しかし数カ月前に新車を探していたスミスさんは独フォルクスワーゲン(VW)や韓国の現代自動車、それに米ミシガン州デトロイトのメーカーが製造する車を調べ、結局、米フォード・モーターの中型セダン「フュージョン・ハイブリッド」に決めた。スミスさんにとって久しぶりの国産ブランド車だ。

 トヨタとホンダのシェア低下は11年から始まった。大胆なデザインの現代の「ソナタ」や、日本車より安いVWの「パサート」が登場してからだ。日産の新型「アルティマ」やフォードの「フュージョン」、GMのシボレーブランドの「マリブ」がショールームに並ぶようになったのは昨年のことだった。

 新たな競合車種の参入で、日本のメーカーは予期していなかった対策を強いられることになった。割引率の拡大などの販売促進策だ。トヨタは最近、13年型の「カムリ」を対象に金利ゼロの融資を始めた。年初から不振が続く販売にてこ入れするためだ。

 「カムリ」は依然としてこのカテゴリーで最も売れているが、年初から4月までの販売台数は前年同期より7%減少した。エドマンズ・ドット・コムによると、先月の正味価格の平均は約2万1336ドルで、12年3月より約2700ドル下落した。

 米国で2番目に売れている「アコード」は、ホンダの社内販売目標を下回った、と販売担当のバイスプレジデント、ジョン・メンデル氏は話す。ホンダの販売は4月、前年同月比で5%下落した。ホンダの販売促進のための報奨金等は今、中型セダン市場で最も低い水準にある。

 GMは値下げに加えて、「マリブ」を対象に販売店に最大2000ドルの割戻金を支払っている。フォードは「フュージョン」を対象に1500ドルの割り戻しを実施している。さらに、ほとんどのメーカーがディーラーに割引価格で出荷しており、ディーラーはその分、消費者に値下げができる。

 テキサス、コロラド、ルイジアナの各州でディーラーショップを営むマイク・ショー氏は「おそらく年内にさらに割引競争が激しさを増すだろう」と述べ、「すでにお買い得になっているが、今後はもっと良くなるだろう」と続けた。

ここまで引用

胡散臭さ満点です

簡単にまとめると

カムリ・アコードを選んでいた御客が価格の安いVWやGMを選ぶ様になった

中型セダンは安いが一番

たったこれだけの内容をわざわざ長文にする理由が判らん

しかも記事中に出てくるスミスさんは、長年乗り続けた日産車からフォードに乗り換えたに拘らず、売れなくなったと書かれているのは何故かトヨタとホンダ

要は単にトヨタとホンダのイメージダウンを狙った記事だべ?

適当な話を作り民衆を洗脳する

何処の国でもマスゴミってのは同じなんだな

|

« ( ゚д゚)<1時間半 | トップページ | ( ゚д゚)<脱税疑惑 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。