« スーパーオーリンズSWスペック テスト走行 | トップページ | スーパーオーリンスSWスペック テスト走行 続き »

国産フルハーネス終了のお知らせ

可夢偉の移籍に伴い、タカタもF1の世界に復帰となりました

Resize4481_5

とは言っても、F1では大きなシェアを持つシュロス社は実はタカタに吸収合併されており、シートベルトというより『TAKATAブランド』の復活と言った方が正しいのかも知れぬ

この件についてのニュースリリースを探したのだが、今シーズンのF1に関しては一切書かれていない

が、モータースポーツの項に気になる一文を発見

タカタはフルハーネスを一新し、新たな製品をラインナップしました。

ん?

もしや・・・と思い、4点ハーネスのラインナップを見て驚いた

シュロス社製品が並んでおります

一昨年にあったタカタのシュロス吸収合併後、海外ではシュロス社製品をTAKATAブランドで発売しておりましたが、どうやら日本国内でも同様の展開になる模様

Takata_race6

更には日本国内での競技用(市販のみ?)ハーネスは生産終了になったらしい

シュロスが駄目なんてことは全くないのだが、ユーザー的にはちょっと残念なニュースでした

|

« スーパーオーリンズSWスペック テスト走行 | トップページ | スーパーオーリンスSWスペック テスト走行 続き »

レーシングギア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。