« ランクル | トップページ | ポジション調整 »

報道

乗用車と衝突のミニバイク、30メートル飛ばされる 宮前区、直撃の歩行者ら2人死亡

 30日午後7時50分ごろ、川崎市宮前区平2丁目の市道で、同区平5丁目、飲食店店員の男性(62)が運転していたミニバイクと乗用車が衝突。男性とミニバイクは約30メートルはね飛ばされ、歩道を歩いていた近くに住むパートの女性(55)に直撃した。女性は病院に搬送され、間もなく死亡した。男性も病院に運ばれたが、31日に死亡した。

 宮前署は、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、乗用車を運転していた会社員の男(28)=横浜市青葉区=を現行犯逮捕。容疑を同致死に切り替え、事故原因などを調べている。

 同署によると、現場は信号機のない十字路交差点。男が直進しているところに、右側からミニバイクが進入してきた。女性は自宅近くのスーパーで買い物をし、帰宅する途中だった。

ここまで引用

ちょっと納得のいかぬニュースです。

交差点直進中に右側からミニバイクが進入して来たのならば、バイク側の一時停止違反になるのでは?

と、思いつつ別のニュースを読んでみると、話が一転

先ずは読売

 30日午後7時50分頃、川崎市宮前区平の市道で、乗用車が路地から出てきた原付きバイクと衝突した。

 発表によると、車のブレーキ痕が約50メートルにわたって残っており、同署は時速100キロ以上で走行していたとみている。現場は片側1車線の直線道路。

続いて朝日

 宮前署は、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転傷害)の疑いで、乗用車を運転していた横浜市青葉区鉄町、会社員(28)を現行犯逮捕し、容疑を同致死に切り替えて調べている。調べに対し、「速度を出し過ぎた」と話しているという。

 同署によると、現場の制限速度は時速40キロだったが、容疑者は同100キロ近いスピードで運転していたとみられ、バイクは約25メートルはね飛ばされた。同署は、危険運転致死罪の適用も視野に捜査を進めている。

この二つを読むと、自動車の無謀運転が事故の原因ということが判る

しかしながら速度は100km/h以上と100km/h近くと違っている

40km/h制限の市道であれば以上であろうが以下であろうが、無謀な速度であることには変わりはないのだが、元のソースは警察発表の同じ内容だった筈

それが記者の判断で微妙に報道(事故)内容が変わって来てしまう

処罰に関しては警察側の判断で決まるのだが、世間一般からの見る目は報道内容一つで大きく変わる可能性がある訳だ

今回の事故の件は別として、マスゴミ様ってある意味怖い存在だわな

|

« ランクル | トップページ | ポジション調整 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。