« モンスター患者様 | トップページ | チャンピオンバトル »

シフトレバー加工

147で馴染めないのがシフトチェンジ

久々のMTだということもあるのだろうが少々苦労しております

今日はその対策に入ってみた

先ずはクラッチペダルのストローク

シートのスライド両不足で、クラッチペダルを踏み切った時の足の余裕が少ないことに加え、少々ストロークが長い気がする

そこで、踏み切った状態からクラッチミートポイントまでの無駄なストロークを減らす為、クラッチペダルのストッパーを作製

始めはアクセル同様、ペダル時代のストッパーを考えていたのだが、足元を覗き込んでみるとペダルステーでも出来そうな気配

Resize4779

結果、画像の赤丸の部分に7mm(5+2)厚のゴム板を貼り付けてみた

7mmというのが微妙な所で、5mmでは役立たず、10mmでは遊びが少な過ぎる、そこで間を取って7mmに

試走した感じでは、これまた微妙はところ

ペダルを踏み切る感じはしないものの、もうちょっとストロークを減らしたい気もする

あと2mm追加してみようかな

次はシフトレバーのショートストローク加工

元々シフトストロークが長い上、セレでのショートストロークに慣れてしまっておりシフトミスを多々やらかしております

特に4→3速という真っ直ぐシフトダウンでは、癖がもろに出てしまいダンロップ進入で真っ直ぐ行っちゃうこともしばしば

此方の対応は、テンロク号でもやっていたシフトレバーの加工

Resize4780

室内に紙を敷き詰めて、サンダーで先端を10mm程カット

これだけでシフトストロークだけでなく、ぐにゃぐにゃなシフトフィールも多少は・・・・・・・改善される気がする

あとはミッションオイルを何時ものオメガに交換

これで少しは乗り易くなるかな

|

« モンスター患者様 | トップページ | チャンピオンバトル »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。