« 本日の作業 | トップページ | シフトレバー加工 »

モンスター患者様

病院行きバスに不吉ナンバー 「42○○」が物議

兵庫県三木市内から北播磨総合医療センター(小野市市場町)へ向かう直通バスのナンバープレートが物議を醸している。一部の車両の番号が「死に」と読める「42」から始まり「病院へ向かうのに縁起が悪い」との声が上がる。人によっては4や9を使うこと自体を嫌うなど、数字への思いには個人差もあり、担当者は頭を抱えている。

車体が黄緑色の直通バスは、三木市が補助金交付要綱を定め、二つのバス会社が昨年10月から自主運行する。予備車両を含めて22台あり、うち13台が同じ小型ノンステップバスで、登録時の番号が「42」で始まっていた。

運行開始直後から、市役所やバスの運転手に「不吉だ」と苦情の声が相次いだ。昨年11月末、特に不評だった「4269(死に向く)」「4251(死に来い)」「4250(死にごろ)」などと読める3台の番号を変更。その後、特段の苦情はなかったというが、8月19日の市会総務建設常任委員会で、委員から「42から始まるバスには、乗りたくないという人がいる」との指摘があった。

バス会社は「番号は登録順に振られるものなので…。病院へ行くという特別な路線なので、できる限り対応はしたい」。ただ、番号を変えるには神戸運輸監理部(神戸市)へ車を持って行かねばならない上、費用も掛かってくる。市の担当者は「費用対効果も考える必要があり、判断が難しい。まずは、どのくらいの人が不快感を持っているのか調査したい」と話した。

ここまで引用

う~ん、気持ちは判らんでもないけれど、一々文句を着けることはないだろ

反対に、こういった公共交通機関を用意してくれる事に感謝するのが普通じゃないのか?

仮に全てのバスに47-71辺りの希望ナンバー用意したらしたで、税金の無駄遣いという意見も出てくる筈

というか、こんな些細な事にイチャモンを着ける人達(特定個人?)の中に、本当に通院が必要な人がどのくらい居るのかが気になる

このクレーマーさんは万が一の時にでも、救急車のナンバーに42が入っていたら搬送拒否をすのかね?

更には病院での受付番号が42番だったり、支払いが420円とかでも大騒ぎするのだろうか?

そんな馬鹿は居ないよね?

|

« 本日の作業 | トップページ | シフトレバー加工 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。