« 砂撒き野郎 | トップページ | ブレーキ関係 »

旧車税

車齢13年を超えるクルマの自動車税、さらに増税の「15%増し」へ

2015年は、車齢13年を超えるクルマの自動車税が通常税率の15%増しとなる見通しです。従来は、10%増しだったのでさらに増税となります。

クルマは、日本の基幹産業と言いつつもユーザーに厳しい国という印象がさらに強くなりそうです。基幹産業だから、新車購入者に対して優しいのかなと斜に構えてしまいそうな状況です。

13年を超えるクルマを対象とする理由は、環境負荷が高いためとされています。クルマは道具なので使い続ければ、廃油や廃タイヤなど環境に負荷のかかる廃棄物が出るのは確かです。しかし、これは利用率も関係しており古いからというのは理由になりません。

これまで優れた道具を後世に残すために、努力をしてきた先人たちの蓄積である「自動車文化」の土壌が荒廃するキッカケになる可能性もあります。また、趣味であれば増税に対してある程度は寛容になれますが、経済的理由で維持しなければならないのであれば、状況はより深刻です。

クルマの利用状況からみれば、車齢13年を超えて維持している方は少数かもしれません。しかし、根拠を欠いており、取りやすい所から取るようにも思え、不公平にも感じます。この税制に対して、ライフハッカーでも以前に紹介したオンライン署名サイト「Change.org」では、廃止・恒久化禁止の署名を求める運動を展開していますも。賛同できる方は、署名してみてはいかがでしょうか。

ここまで引用

グリーン化税制とかいうやつらしいですが

こんなステッカーを貼った車だけでなく

Resize5183

来年からは、こんな車も課税対象になっちゃいます

Prius

違和感あり過ぎ

こんな馬鹿な制度を、という意見は御もっとも

んでも同じグリーン化税制での減税や補助金だで、わざわざ新車に乗り換えた方々が多いのも事実

この手の人達は自身の車が課税対象になったらどうなるんだろ?

もちろん喜んで受け入れるんだよね?

国やメーカーがスットコドッコイなのは確かだが、一番のスットコドッコイはエゴカー政策に吊られた連中なんじゃなかろうか

|

« 砂撒き野郎 | トップページ | ブレーキ関係 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。