« 428万円 | トップページ | 配管工事 »

18秒中盤

アルチャレ決勝中のラップタイム

2:35:219

2:21:700

2:18:661

2:18:669

2:18:617

2:19:266 1コーナーにて155に抜かれる ロスタイム0.7秒

2:18:014 スリップで0.3秒稼ぐ

2:19:206 コカコーラでイエロー ロスタイム0.8秒



3周目から5周目までの連続周回でのタイム差が0.1秒以下に揃っております

更には他車との影響があった後半3周についてもセクタータイムでから確認すると18秒前半が出る計算になる

これが耐久的連続走行でのタイムならば素晴らしいのだが、スプリントでこれじゃ拙いだろ

『ラップタイムを揃える』 というのは良いことだが 『ラップタイムが揃ってしまう』 というのはあまり好ましいことではない

しかも本来ならば後半でタイムが落ちても仕方がないレベルのタイヤでのタイムだ

要はまだまだ余裕があるということになる

う~ん、あまり喜んでもいられないか

ちなみにテンロク号でのベストタイムが18秒5だったりする

コンディションの違いがあるとはいえ、ちょっと微妙な数字だな


|

« 428万円 | トップページ | 配管工事 »

走る」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。