« 情報不足なだけでした | トップページ | クラブマンレース »

ヤマハの歴史

ヤマハの歴史

Tz500

・最初は輸入ピアノの修理→楽器関係作る
・楽器やってた流れで電子楽器も作る→DSPも作る
・DSPを他に利用しようとして→ルータ作る
という流れで、楽器、電子機器、ネットワーク関係の製品を作るようになった。

じゃ、なんで発動機や家具とかも作ってるかというと、

・ピアノの修理で木工のノウハウが溜まる→家具を作る→住宅設備も作る
・戦時中に軍から「家具作ってるんだから木製のプロペラ作れるだろ」といわれて戦闘機のプロペラ作る→試験用エンジンがすぐに壊れるので自分達でエンジンも作る
・エンジン作ったから→バイクも作る
・エンジン作ったから→船も作る→船体作るのにFRPを作る
・FRPを利用して→ウォータスライダー→ついでにプールも作る
・プールの水濁ったんで→浄水器作る
・失敗作の浄水器で藻が大繁殖→藻の養殖始める→バイオ事業化

*一部加筆

拾い物ネタだけど面白過ぎる。

ピアンから家具の流れは知っていたのだが、プロペラ以降の話は初耳。

こういった発想力やチャレンジ精神が多角化経営に繋がるのだろうな。

ぃゃ素晴らしい。

|

« 情報不足なだけでした | トップページ | クラブマンレース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。