« 牽引フック塗装 | トップページ | どうなるヴィッツレース?! »

D型

スバル、北米仕様の2018年型「WRX」「WRX STI」を公開

Vabd

 スバル(富士重工業)は1月9日(現地時間)、米国 デトロイトで開催されている「デトロイトショー」において、北米仕様の2018年「WRX」「WRX STI」を公開した。

 

 新しいWRXとWRX STIは、出展を告知する記事でも記しているとおり、アグレッシブさを強調したエクステリアデザインの採用、居住性を高めるため板厚を高めたフロントウィンドウの導入などを実施。WRX STIではさらに制御を最適化した電子制御式「マルチモードDCCD」を採用して回頭性を高めている。

ここまで引用

2018年モデルとかマイナーチェンジと言われもピンと来ないけど、D型と聞くとついつい反応してしまう。

『インプレッサ乗ってたのは何年前だよ?!』

と自己突っ込みをしたものの、軽自動車といえどスバル車オーナーなんだなと思ってしまう俺様であった。

|

« 牽引フック塗装 | トップページ | どうなるヴィッツレース?! »

スバヲタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。