« ぺダル操作 | トップページ | Newタイヤ »

お絵描きナンバー

国交省、2017年1月1日より自動車のナンバープレートにローマ字導入

2017年4月1日より図柄入りナンバープレート導入

 国土交通省は12月28日、道路運送車両法施行規則等を一部改正し、2017年1月1日より自動車のナンバープレートに表示する分類番号にローマ字を導入すると発表した。希望番号の普及に伴いナンバープレートの番号が枯渇しつつあることからの処置となる。

 今回、図柄入りナンバープレート導入等を行なうための省令が公布され、1月1日より分類番号へのローマ字の導入のほか「検査標章のデザイン変更」「申請書様式等の明確化」を実施。

Kithigainannba

 さらに4月1日より「図柄入りナンバープレートの導入」「OSSの推進」が実施される。

 図柄入りナンバープレートの導入により、自動車のナンバープレートについて、背景に図柄を入れたものも交付できるようにする。今後「ラグビーワールドカップ2019」「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」特別仕様などを交付して、大会の機運醸成や地域振興を推進する。

ここまで引用

ホント馬鹿じゃないのかね。

アルファベット云々は別として、問題は図柄入りのナンバープレート。

現在原付では採用されており、日常的にも普通に見掛けるのだが、普通のナンバーに比べ圧倒的に見辛い。

本来ナンバープレーとは外部からの識別として装着されているものであり、事実識別に問題があるということで基地害カバーも廃止になっている。

にも拘らず、わざわざ見辛いナンバープレートを採用する理由が判らん。

理由が判らんと言っても何らかの金の流れがあるから採用するに決まっている。

この無駄な金が何処から出るかと言えば当たり前の話だが皆が納めている税金からだ。

こんな無駄な金に庶民の税金を使うのは間違っているだろ。

どうしてもやりたいのならば、この馬鹿お絵かきナンバー希望者に全額負担させろと。

こんなものを希望する層は高級黒箱車辺りの富裕層()なのだろうから、ナンバー代が100万円くらい掛かっても痛くも痒くもなかろうよ。

強いてメリットを挙げれば危険運転車両識別プレートとしては役に立つのかなと。

|

« ぺダル操作 | トップページ | Newタイヤ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。