« 想像以上の展開 | トップページ | 特別と言う名の特別じゃない仕様 »

ECU書き換え

【リコール】スバル レヴォーグ、ECU不具合で火災事故2件発生

Resize6136

富士重工業は2月23日、スバル『レヴォーグ』のエンジンコントロールユニット(ECU)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『レヴォーグ』1車種で、2014年4月21日~2016年10月5日に製造された6万4683台。

ECUのプログラムが不適切なため、吸入空気温度が高い状態で点火時期や燃料噴射、過給圧が適正に制御ができず、異常燃焼を起こすことがある。そのため、シリンダー内の圧力が異常に上昇しコンロッドが折損、最悪の場合、シリンダーブロックが損傷してエンジンオイルが漏れ、火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、ECUの制御プログラムを書き換える。

不具合は15件発生、火災事故が2件起きている。市場からの情報により発見した。

ここまで引用

マツダに続きスバルのリコールも発表されました。

ちょっと面倒臭そうな内容ですな。

レヴォーグ辺りだとECUの書き換えをやっている人も少なくはない筈。

メーカー純正のアップデートとなると、一旦ノーマルデータに戻す必要があるのか、それとも完全上書きが可能なのかは判らないが、色んな意味で揉めそうな予感。

某ECU屋さんの保証内容を確認すると、アップデート後のデータをベースとした新データの書き換えは無償となっているのだが、今回の様なエンジンブローの惧れがあることに対しての変更となると新データの作成も簡単にはいかないんじゃないかと思う。

何にせよ正規の状態から変えるということは完全自己責任な訳だが、最近は自己責任の意味すら判らずに、単に響きの良い四文字熟語と勘違いしている人も少なく無いからな。

色々と暴れるユーザーが出て来るだろうな。

|

« 想像以上の展開 | トップページ | 特別と言う名の特別じゃない仕様 »

スバヲタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。