« ベージュ内装 | トップページ | 異臭問題 »

印度象

『TCS NAKAJIMA RACING』発進! 大祐&ナレインコンビで勝利を狙う

Resize6134

 2月20日、東京都内で全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するNAKAJIMA RACINGが日本タタ・コンサルタンシー・サービシズとともに記者発表会を行い、2017年から『TCS NAKAJIMA RACING』というチーム名で新たに参戦すると発表した。

 すでに2月13日に行われたホンダのモータースポーツ体制発表会で明らかにされたとおり、中嶋悟総監督率いるNAKAJIMA RACINGは、中嶋大祐が64号車、そして新たに加入したナレイン・カーティケヤンが65号車をドライブすることが決まっている。

 そんなチームに、心強いパートナーが就くことになった。ITサービスやコンサルティング、ビジネス&デジタルソリューションをグローバルに手がける、日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)がチームのタイトルスポンサーに就任。新たに『TCS NAKAJIMA RACING』とチーム名が改められたのだ。スーパーフォーミュラでNAKAJIMA RACINGにタイトルスポンサーが就くのは2009年以来だ。

ここまで引用

カーティケヤンがドライブということで、何らかのスポンサーの持込があったとは思っておりましたが、まさかタイトルスポンサーだったとは。

NAKJIMA RACING、というか中嶋悟氏といえば、EPSONやPIAAとの長い付き合いが有名なのだが、ここ数年はメインスポンサー無しでやっていたとのこと。

ステッカーのサイズや数から考えればEPSONがメインと言えるのだろうが、S-GTでのメインスポンサーということもあり、SFにはそこまで金が回っていないということなのか?

それとも他のスポンサーの手前もあって、EPSON色をそこまで強められなかったという可能性もなくはないか。

で、もう一つ外せないのが象印

Resize6133

最初に ZOUJIRUSHI のロゴを見た時はまさか象印だったとは思わなかったのだが、彼此12年もスポンサー活動を続けているという。

日本でのモータースポーツというと自動車関連業種のスポンサーが多く、他には怪しげな会社のロゴも結構多かったりするのだが、そんな中に見慣れたロゴがあるのはちょっとホッとしたりもする。

象印と印度企業(とドライバー)、ある意味素敵な組み合わせかも。

|

« ベージュ内装 | トップページ | 異臭問題 »

レース」カテゴリの記事

コメント

ブランドコピー
当店のルイヴィトン ブランドコピーは業界最高品質に挑戦!
全商品はプロの目にも分からないブランドコピーN品です。
初世界中有名なルイヴィトンN品を激安で通販しております。
品質と安心をお届けいたします!

投稿: スーパーコピー 激安 6帖 | 2020年8月24日 (月) 10時44分

この記事へのコメントは終了しました。

« ベージュ内装 | トップページ | 異臭問題 »