« ハンドルスイッチ | トップページ | レース対応保険 »

想像通りでした

スバル、次世代プラットフォーム「SGP」採用第2弾モデルの新型「XV」世界初公開

Xv_2017_02

 スバル(富士重工業)は3月7日(現地時間)、スイス・ジュネーブで開催されている第87回ジュネーブ国際モーターショーで、新世代プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用する第2弾モデルの新型「XV」(欧州仕様)を世界初公開した。

 2012年の市場投入以降、はじめてのフルモデルチェンジとなる新型XVは、2016年10月に発売を開始した新型「インプレッサ」に続くSGP採用第2弾モデルとなる。今回発表された概要は欧州仕様についてで、それ以外の地域でリリースされるモデルの仕様については、3月8日の日本仕様発表を皮切りに順次各市場で発表するとのこと。

ここまで引用

想像通りというか想像以上というか、単純に車高の高いインプレッサでした。

インプレッサ

Imp_2016_00

XV

Xv_2017_00

インプレッサ

Imp_2016_01

XV

Xv_2017_01

車高を上げて無塗装樹脂パーツや配色だけでも結構雰囲気は違ってくるのね。

思えば初代にあったグラベルEX(だったっけ?)と同じ作りな訳だが、EXがフォレスターに進化したにも拘らず、再びこういったモデルが登場するというのも不思議な話。

まぁXVがあるからこそ、フォレスターが本気になれるということを考えると、これはこれで有りなんだろうな。

|

« ハンドルスイッチ | トップページ | レース対応保険 »

スバヲタ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。