« 13秒818 | トップページ | 次の50万台 »

今日の富士 後編

20分枠ということで迷っていたのだが、前枠が余りにも酷かったこともあり最終枠も走ることに

NS4 D枠

晴れ 気温14℃(車載15℃) 湿度68% 路面ドライ 走行台数10台強

タイヤ:A08B F/R:205/55-16 空気圧 冷間F2.00/R2.10

車高:リム~フェンダーアーチトップ  FL561 FR560 RL563 RR560

トー:F 0 Rイン10′

バネレート:F14k R7k

減衰:F/R4段戻し 

2:17:369

2:16:453

2:18:148

2:13:818

2:18:935

2:15:962

2:14:669

2:14:104

久々の赤文字表示です

とはいえ、セカンドベストや前枠のタイムを考えると 『自己ベストは13秒台』 とはちょっと言い難い

ただ救いなのは14秒台の周はもちろん、ベスト周でも失敗した箇所をしっかりと把握出来ていること

コカ進入は何時ものことだが、前枠同様に100Rのアンダーが消せなかったこと

その影響もあってかヘアピン進入、そして脱出のタイミングもイマイチ

続くSec3でもシフトタイミングが合わせられずに、全てのコーナーの進入が決まらぬ状態

こんな状態で13秒に入った(入れた覚えはない)のだから、もうちょっと頑張れば12秒台も、と考えれなくもないのだが、↑に挙げた数々の失敗も無用な頑張り過ぎが原因ともいえなくない

6月に14秒台に入った時には 『冬場になれば12秒は余裕でしょ』 などと妄想していたのだが、現実は簡単にはいかんわな

|

« 13秒818 | トップページ | 次の50万台 »

サーキット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。