« 右から左 | トップページ | ボンクレドライバー »

アルチャレ2017 チャンピオンカップ その1

2年振りに出場のチャンピオンカップ

Resize6717

チャンピオンカップというと、一昨年はエンジン不調、その前は雨のレースにビビリ予選を前にリタイア、それ以前も一応は勝ったもののライバルのトラブルに助けられたレース等々、あまり良い思い出はありませぬ

今年こそは内容、結果共に満足出来るレースにしたい

今回のレース、4クラスへのエントリーは4台のみという少々寂しい状況

目標はクラス優勝と同時に、3クラスのTS勢にどれだけ着いて行けるか

先ずはプラクティス

今回はスーパーカークラスも含め50台近い車両が同時コースイン

ここで無理をする必要はないと、車とコースコンディションを確認

コースの方はやたら埃っぽい気がする

また朝一は2輪とカートの走行枠があった程度なのだが、タイヤカスも少々気になる

車の方はというと不安だったタイヤの暖まりは全く問題なさそう

銘柄は異なるとはいえ、やはり住友系2社はパターン違いの同一品っぽい

そしてぶっつけ本番となったのがリアの補強バー

たかが1本の鉄棒といえど挙動が変るのは間違いない

事前テスト無しでの新アイテム投入は控えていたのだが、中々消えてくれないリアの巻き込み対策に投入

結果的には全開走行には至らなかったものの改善された様な気がしない事もない

プラクティス終了後タイヤをチェックする

爪を立ててフニフニした感じでは後期スペックの方が軟らかい気がする

もちろん温度も違うのだが、やはりソフト方向に振ったのかなと

さて、どうしましょ

安全面を考えれば暖まりの早い方をリアに履かせたい

しかし補強バーが効いているのならば定石通りにリア硬めでも行ける筈

取り合えず履き替えも面倒なのでこのまま行く事にしよう

|

« 右から左 | トップページ | ボンクレドライバー »

アルチャレ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。