« ビニールレザー | トップページ | 中古部品屋さん »

4型ではないらしい

2011年11月に特別仕様として発売されたスイフトRS

Rs_2011

これを通称1型と呼ぶらしい

そして翌年に登場した2型

Rs_2012

外観では前後ランプ以外に大きな変更はないものの、後輪ディスクブレーキやオートクルーズといった装備が追加されております

そして2013年、所謂マイナーチェンジとなったのが3型

Rs_2013

上下で一体感があったグリルをそれぞれ独立させるという、ある意味時代を逆行したデザインに

馬鹿口嫌いな俺様的には此方の方が◎

スポーツに食指が伸びなかった理由の一つにグリル部分のデザインがあったのも事実です

Sport_2013

デザイン以外でのMC最大のポイントは、DJEと呼ばれる気筒辺り2本のインジェクターを採用したエンジンの登場

同時にプチHVと呼べるエネチャージも搭載されたのだが、RSに関しては従来型エンジンのみということでした

で、俺様が買ったのが2014年7月登録車両ということで此方のモデルとなる

Rs_2014

流行の2トーンカラーモデル登場と同時に小変更されたモデル

大きな違いは↑のDJE+エネチャージがRSにも採用されたのだが、他グレード同様AT専用となっており、MTでの変更点はフォグランプべゼル部に追加されたLEDイルミネーションランプのみということで、2014年型となっても3型のままということらしい

以上の通り、2013年型と2014年型では大きな差は無いのが判ったのだが、気分的には2014年型で良かったかなと

たられば話になってしまうが、SW号を潰した後に1型RSを買っていたら激しく後悔していたに違いない

最近は気になる車が出て来ても、グレード展開やMC内容などは殆どチェックしないのだが、ある程度の予習は必要かも知れんな

|

« ビニールレザー | トップページ | 中古部品屋さん »

スズキくん」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。