« 納車してません | トップページ | 気付かなかった »

開幕戦

スイフトさんのを受け取り、その足で向かったのが富士スピードウェイ

富士チャンピオンレース開幕戦です

S氏が2年振りに8Beatに復帰となり、久々にピットクルー(という名の応援&撮影係)としての参戦

Resize6778

転んでもただでは起きない精神で、ちっと厳つくなりました

決勝直前にイグニッションコイルの不具合を発見

Resize6758

やれやれ、これだから水平対向は

オープニングラップ

Resize6762

同クラス3台での争い

レース序盤

Resize6764

N1クラスを交えての大接戦

レース終盤

Resize6767

ギア比の違いが一目瞭然

最終結果は・・・・・うん、次頑張りましょう

そしてもう一つの注目がN1000

アルチャレスタッフの一人でもあるHくん

スタートを決め、予選PPから逃げ切り状態に

Resize6772

ヴィッツさんの一列縦隊

徐々に迫る後続勢

Resize6773

この後、赤号をパスしたピンク号との一騎打ちに

実況放送を聞くと、ストレートで抜かれたピンク号を1コーナーで抜き返すといった展開が続いていた模様

最終LAP

Resize6776

何とか押さえ込み0.03秒差で優勝を飾ることが出来ました

そして初観戦(だったと思う)N-ONEレース

Resize6749

何か可愛い

少々寂しいAE111クラス

Resize6753

レース観戦復帰当時、10年落ちだった最終型レビン・トレノも今や20年落ちモデル

台数も年々減少しており、今回は僅か4台のエントリー

現行モデルクラスである86N1や8Beatは徐々に増加方向なのだが、それ以上に旧(旧々々くらいか)型モデルのクラスの衰退が激しくなっている

20~30年落ち車両でのレース自体が異常っちゃ異常なのかも知れないが、何とかならないもんなのかねぇ

|

« 納車してません | トップページ | 気付かなかった »

レース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。