« つまらないヲッサンになってしまった訳ではない | トップページ | 前オーナー氏の素性を考える »

社外製品使用禁止

マツダ、「CX-5」「アテンザ」ディーゼル車をリコール。計6万3208台

マツダは4月13日、「CX-5」「アテンザ」のディーゼル車、計6万3208台のリコールを国土交通省に届け出た。対象車両の製作期間は2012年2月13日~2013年9月27日。

 対象車両は、1:原動機(バキュームポンプ)、2:原動機(ターボチャージャ)、3:潤滑装置(オイルフィルター)に不具合があり、ブレーキアシスト力の低下やエンジンの停止が発生するおそれがある。

 改善対策として、1についてはバキュームポンプを対策品に交換。2についてはターボチャージャを点検し、異常なものは新品に交換。3についてはオイルフィルターを点検して不適切なものは対策品に交換、使用者に注意喚起するとともに、エンジンフードに純正外のオイルフィルターを使用しない旨の注意ラベルを貼り付ける。

 なお、今回のリコールは、2014年12月4日付けで届け出た改善対策における点検が不十分で、不具合が発生するおそれがあることが判明したためリコールを実施するもの。

記事より一部引用

俺様的意見は前回同様

新技術での初期トラブルや、激悪環境下での使用による不具合は致し方ない面がある

が、街乗りには使えない、エンジンオイル&フィルターは純正以外使用出来ない等々、ここまで酷いのは草々ないだろ

昔から薀蓄を語るのが好きなメーカーだったが、ここ最近は能書きを並び立てるだけの会社に成り下がっている

自称クリーンディーゼル(排ガスが昔程は汚くない)に続き、自然着火方式ガソリンエンジン技術も発表しているわけだが、こっちも無理だろうな

これならば大した事のない技術を過大宣伝しているメーカーの方が・・・・・

ぃゃどっちもどっちか

|

« つまらないヲッサンになってしまった訳ではない | トップページ | 前オーナー氏の素性を考える »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。