« ペダルレイアウト | トップページ | 14.8km/l »

お前が悪い

と、3年もの間一方的に言われ続けたホンダさん

初年度は仕方がないとしても、2年3年と続く不調さにマシン側にも問題があるんじゃね?

などという声も聞こえて来たものの、チーム側からの契約解除という形で終わってしまったマクラーレン・ホンダ

最終的にはエンジンをスイッチするという形で、トロロッソ・ホンダ、マクラーレン・ルノーという体制に

これでエンジンとシャシー、どちらに問題があったかはっきりするよね、ということになって迎えた今シーズン

開幕2戦を終えての結果は2戦連続で2台共にポイントを獲得しているマクラレーン

対して開幕戦は絶不調ながも、第2戦で1台が4位入賞という成績のトロロッソ

トロロッソの4位については上位勢のアクシデントもあってということもあるのだが、これはマクラーレン側にも言えること

今回の好調さには空力パッケージの見直しが効いているようで、PUの影響がどの程度なのかははっきりとはしない状態

またマクラーレンについても、同PUを使用するルノーワークスやフォースインディアに比べるとそこまでのパフォーマンスを持っているとは言いがたい

もちろんPUもシャシーも昨年までとは違っている以上、どちらが悪かったということは単純には言えない

但し一つだけ言えるのは、マクラーレンの独占使用が問題を長引かせた理由であるのは間違いないだろ

噂(略事実だろうが)にも出ていた2年目にトロロッソへのPU供給を認めていれば、問題解決はもっと早く行えていた筈

独占使用での有利性を期待していたのだろうが、これが全て裏目(恨め?に出た訳だ

さてさて今週末の中国GPはどうなるんだろ

|

« ペダルレイアウト | トップページ | 14.8km/l »

レース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。