« さらば147 | トップページ | ちょっと不安かも »

モード切り替え

ダイムラー77万台リコール 排ガス不正で独政府が命令

 ドイツ政府は11日、排ガスを不正に操作する装置を搭載しているとして独ダイムラーに対し「メルセデス・ベンツ」のディーゼル車3車種のリコール(回収・修理)を命じた。ドイツ国内での命令は23万8千台だが、ダイムラーは欧州全体で77万4千台を改修する必要がある。リコールと引き換えにダイムラーは約5千億円とも報じられた罰金を免れる。

 

 同日、アンドレアス・ショイアー運輸相がダイムラーのツェッチェ社長とベルリンで話し合った後、「即刻かつ正式なリコール」を命じた。

 

 対象となるのは「Cクラス」と「GLC」「ビトー」の3車種。ダイムラーは、排ガス中の有害物質を抑える装置を意図的に止めていると疑われた動作を修正すべくエンジンのソフトウエアを書き換える。

 

 この問題は、5月に独連邦自動車局がダイムラーのバン「ビトー」のディーゼル車が不正なソフトを搭載しているとしてリコールを命じたことに始まる。ダイムラーはこのリコール指示を不服とし、法廷闘争も辞さないとしていた。

 

 ショイアー運輸相とツェッチェ社長は5月28日にも会談。独メディアは運輸相がダイムラーに37億5千万ユーロ(約4800億円)相当の罰金を科すことを警告したと報じていた。

ここまで引用

現代の車になくてはならないCPU

147などは排ガス規制のEURO5対策として、セレスピード制御CPUのプログラム変更という裏技を使っております

考えてみるとミト以降に採用されているDNAなどというインチキ臭いエンジン制御も、実は排ガスや燃費規制対策なのではないのかと

スポーツとQV、両車を乗って感じたのが“自称”ノーマルモードの不自然さ

無理矢理パワーを抑えているような感じで、ドライバビリティなどと言う言葉とは全く無縁のもので、俺様がミトを購入対象から外した4番目くらいの理由がこれになる

実際にパワーモードが実はノーマルであり、ノーマルモードは実は試験モードなのではなかろうかと

これならば↑の乗り難さも納得がいく

今回のメルセデス、そして先のVWにも言えるのだが、エンジン制御を切替え式にしておいて、このリコールで書き換える内容をノーマル状態としておけば問題なかったんじゃないかね?

|

« さらば147 | トップページ | ちょっと不安かも »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。