« 本気と雰囲気 | トップページ | 今日の予約品 »

お絵描き最優先

マツダ魂動デザイン生みの親 「若者のクルマ離れ」に持論

 ここ数年、街で見かけるマツダのクルマにハッとして、思わず振り返った人は少なくないはず。“魂動”と呼ばれるマツダのデザインコンセプト、その生みの親が常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当の前田育男氏だ。同氏に、マツダ車のデザインが劇的に変わった経緯と細部へのこだわりについて聞いた。

詳細はリンク先参照

室内スペース、燃費、ニュルのラップタイム、流行もの、等々、車に求めるものは人それぞれ

車の魅力の一つにデザインがあることは否定しないが、ここ数年のマツダのデザイン優先は酷過ぎだろ

縦置きはもちろん直6ですら収まりそうなロングノーズを持つFFセダン

走りの歓びとか言いながら無駄なオーバーハングのハッチバック

ペダル配置云々とか語りつつも、実はファミりーフェイス最優先で後席を犠牲にしたコンパクトカー

人馬一体を謳っておきながら、エンジンと前タイヤをドライバーから離したオープンスポーツカー

新型車発表会でも真っ先にデザイナー様が延々と能書きを垂れるらしいのだが、パッケージングや走行性能を犠牲にしてまでもデザイン最優先てのはどうなんだろね

コンパクトなロータリーエンジンならではのデザインとパッケージングをもつRX-7

コンパクトなボディに最大限の室内空間と使い勝手を求めたデミオ

オーバーハングの徹底的な軽量化を行ったNB型ロドスタ

これら数々の名車達と一緒にお絵かき最優先のモデル達が語れる日が来ることがあるのだろうか

|

« 本気と雰囲気 | トップページ | 今日の予約品 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。