« オイル交換 | トップページ | ろくよん »

煽られ運転ブーム

御盆休み期間中、世間を騒がしたニュースの一つが高速道路上での“自称”煽り運転問題

Dqn_01

ロケット花火や高速道路上での停車など言語道断なのは確かなのだが、気になったのが撮影者(車両)の位置

Dqn_02

独逸もこいつも追い越し車線上からの画像となっている

映像を見る限りロケット花火は特定を狙ったものではなく、無差別テロ的な犯行である様に思えるのだが、新東名の薬中DQNに関してはそもそもが撮影車両の追い越し車線居座りが原因だろ

別の放送局のニュースでは、追い越し車線を走行中、背後から迫って来た車が車線変更をし追い越し、その後撮影車両の前に無理矢理割り込んで来たという

またこのニュースの中で有識者様という方のコメントを流していたのだが、ロックをして絶対にドアを開けないとか、すぐに警察に通報するなどといった事後対応の話だけで、トラブルに巻きこまれない(=引き起こさない)運転については一切触れていない

煽られる側に(も)問題があるというと、いじめ問題のいじめられる側にも問題があるという考えて同じだという意見もある

確かにその考えも間違ってはいないが、そもそもが良し悪しの判別もつかない子供(じゃない年齢でもあるが)と、人を簡単に危める事が出来る道具を操る資格が取れる年齢の大人を一緒にしちゃいかんだろ

最近ではすっかり定着したドラレコでの映像を見ても、以前は相手が危険なシーンが殆どだったのだが、最近では撮影者に非がある映像やトラブルの原因をカットした映像が圧倒的に増えている

また街中で見掛ける 「ドライブレコーダー撮影中」 とかいったステッカーの車両についても、まともな運転を出来ない連中が大半を占めているように感じる

マスゴミ共も面白がっているだけでなく、こういったトラブルを減らす為の報道をすべきだろ

|

« オイル交換 | トップページ | ろくよん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。