« 5倍 | トップページ | マイナス0.2kgf/m2 »

親馬鹿

消滅危機のフォース・インディアF1をストロール父が救済。チームは新オーナーのもと、活動継続へ

Forceindia

 カナダのビジネスマン、ローレンス・ストロールが率いる投資家コンソーシアムが、フォース・インディアF1チームを救済することで合意に達した。これによりチームは消滅の危機から脱出できる見通しとなった。

 

 資金難に陥っていたフォース・インディアには多額の負債があった。債権者のひとりであるドライバーのセルジオ・ペレスが、チームを解散の危機から救うために行動を起こし、ハンガリーGPの金曜にチームは破産申請を行い、管財人の管理下で活動を続けていた。

 

 フォース・インディアのCOO、オットマー・サフナイアーが管財人とともに買い手を探すなか、ウイリアムズのドライバー、ランスの父でもあるローレンス・ストロールら投資家たちのコンソーシアムが候補に浮上、7日に契約が結ばれた。その結果、チームの405人の従業員は職を維持し、債権者への支払いも行われ、フォース・インディアはベルギーGPから始まるシーズン後半戦に参戦することが可能になる。

ここまで引用

親馬鹿といか馬鹿親というか

なんてことはないんだろうな

息子のシート確保はもちろんだが、F1チームオーナーとなれば本業のビジネス(何をやっているのかは知らんが)で有利な面が出て来る筈

そして何よりもF1チーム自体が莫大な資産になるわけで、この辺も見込んでも購入したのだろうな

まぁ難しい事は抜きに、本当に息子の為の買い物だったらそれはそれで素敵だけど

|

« 5倍 | トップページ | マイナス0.2kgf/m2 »

レース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。