« マイナス0.2kgf/m2 | トップページ | 煽られ運転ブーム »

オイル交換

オイル滲みの無い下回りを見たのは何年振りだろうか

 

猛暑だか酷暑だかが一段落した隙を狙ってスイフトさんのオイル交換

Resize6888

納車前点検時の交換から4000km、もうちっと引っ張ってもいいのだろうが丁度3万kmと限がいい距離だったこともあり交換することにした

普通の車であるだけにGSや量販店に頼んでもいいのだが、147用の在庫オイル処理の為に自分で交換することに

作業の方はいたって簡単

流石のノーマル車高だけに、スロープに乗せただけで十分な作業スペースが出来上がる

水平に持ち上げられないことを懸念していたのだが、ドレンボルトの位置がオイルパン後端に斜めに開けられており一安心

オイルは何時ものShell HELIX Ultra 5W-40

純正は0w-20か10w-30らしいのだが、そこは在庫処理ということで難しいことは気にしない

交換量を含めネットで調べてみると、この僅かな違いでああでもいないこうでもないと小騒ぎのサイトに辿り着く

中には季節に拠って粘度を変えるといった御方も居る様だが、何の為のマルチグレードなのかと

車好きにとっては自分の拘りを表現出来る数少ないアイテムだけに、気持ちは判らなくはないが、粘度云々よりももっと拘ることもあると思うんだけどね

ちなみに最近のスズキ純正オイルは昭和シェルということで、意味も無く一安心

交換量は3.2Lということで、1Lパックを3本入れた後にゲージを確認

ふむ、OKです

ミニカさんやR2では半年毎の交換だったのだが、走行距離から考えても年3回くらいのペースでいいかな

|

« マイナス0.2kgf/m2 | トップページ | 煽られ運転ブーム »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。