« 勇気ある撤退 | トップページ | 画面 »

No Power

正確には More Power か

Resize6888

スイフトさん不満点の2点目はエンジンパワー

試乗した時から感じていたのだが、回り方は非常にスムーズなのだがパワーの方は・・・・・・まぁ1200ccかなと

スイフトさん搭載のK12B型エンジンのスペックは以下の通り

67kW(91PS)/6,000rpm 118Nm(12.0kg·m)/4,800rpm

と1.2Lとしては並みのスペックであり、970kgの車重に対しては俗に言う 『必要にして十分』 なもの

実際街乗りに使うには 『必要にして十分』 なパワーながらも、高速道路での追い越しなどは少々辛いものがある

最低でも4速、上り坂や素早い加速が必要な時は3速に落す必要も出て来る

スムーズに回る半面トルク感が低いというのは4気筒ということも影響しているのかなと

で、何となく考えたのが3型のATモデルに搭載されたデュアルジェット型や、現行ソリオに搭載されているK12Cへの換装

しかしながら文字通りインジェクターを二つ持つエンジンの上、AT専用となるとECUの交換や書き換えでは対応出来ない可能性がある

もう一つはK14Bの部品を使っての排気量アップ

スペック上でのK12Bとの違いはストロークと圧縮比となっており、これから考えるとピストン・コンロッド・クランクシャフトの交換に加え、ECU書き換えで何とかなりそうな感じ

残念ながらK14B型エンジンは輸出仕様のみということで、部品の入手は少々難しそうで現実味はかなり低い

あとは現行型に搭載されるK10Cターボのターボを流用するといった方法

しかしながら排ガスや燃費規制重視の最近のエンジンではエキマニとタービンが一体だったり、また触媒のレイアウトが独特だったりでL型みたいに簡単にはいかないのが現実

ぃゃぃゃ難しいわな

ぁぁ 『スポーツ買えば良かったじゃん』 は無しで

|

« 勇気ある撤退 | トップページ | 画面 »

スズキくん」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。