« 軽自動車並み | トップページ | 車選び »

税金の無駄遣い

災害時の電力供給はリーフにお任せ 日産と練馬区が協定を締結

 日産自動車は、同社の販売会社である東京日産自動車販売株式会社、日産プリンス東京販売株式会社と共同で、『災害時における電気自動車からの電力供給に関する協定』を東京都練馬区(以下:練馬区)と締結したと発表しました。

 日産自動車および日産販売会社と練馬区の協定内容は、「災害が発生した際、日産は練馬区内の日産販売会社店舗で試乗車として配備している電気自動車(EV)を練馬区に無償で貸与する」、「練馬区は、日産販売会社店舗に設置しているEV用急速充電スタンドを優先して利用できる」というものです。

記事より一部引用

で、肝心の電力供給については?

走行用バッテリーを電源に家庭用100Vの電気製品を、ということなのだろうが調べてみるとリーフには100V電源のアクセサリーコンセントは装備されていない

これで災害時の電力供給云々というのも不思議な話

足立区で導入しているリーフが今回の件を踏まえてのことなのかは判らんが、普通に考えれば税金の無駄遣いだ

またディーラー側から持ち込んだアイデア詐欺話ならば犯罪行為と言えなくもない

足立区民の人は問い合わせを入れてもいんじゃね?

|

« 軽自動車並み | トップページ | 車選び »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。