« TBA | トップページ | No Power »

勇気ある撤退

スズキ、中国生産から撤退=合弁事業解消で合意

 スズキは4日、中国の自動車大手、重慶長安汽車との合弁事業を解消することで同社と合意したと発表した。スズキの出資持ち分(50%)を重慶長安に譲渡し、同国での自動車生産から撤退する。

 譲渡額は非公表だが、スズキの業績への影響は軽微という。合弁会社は重慶長安の完全子会社として存続し、スズキが派遣している経営トップは辞任。重慶長安側はライセンス供与を受け、スズキブランド車の生産・販売を当面継続する。

スズキは1993年、重慶長安と合弁会社を設立。主に小型車を生産・販売してきたが、中国の所得水準上昇から小型車の売れ行きが鈍り、近年は苦戦している。合弁会社の2017年度の販売実績は約7万9000台で、前年度から27.6%減少した。スズキの鈴木修会長は合弁解消についてコメントを発表し、「中国が大型車の市場に変化している」と理由を説明した。

ここまで引用

スズキの読み違い、というか急速過ぎる経済発展が原因だろう

時代の違いはあれど、欧州や日本では誰でも買える小型車の普及から始まり、次第に高高級車や趣味性の高い車種に発展

対して、中国では貧富の差が激し過ぎ、車を買えるのは一部の富裕層のみ

結果売れ筋は高級(高額)車のみという結果になってしまったのだと思う

あと、10年20年後、一般層でも普通に車を持てる様な時代になれば、また流れは変るのだろうけれど、今の時代何があるか判らないからねぇ

中国で博打を打つよりも、絶好調な印度を集中するのが正解じゃないかな

|

« TBA | トップページ | No Power »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。