« 日常使用目的車両 | トップページ | 椅子 »

マツダらしさ

マツダ、「CX-8」に2.5リッターガソリンの自然吸気&ターボエンジン新設定。SKYACTIV-G 2.5は289万4400円から

マツダは10月25日、商品改良を実施した3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」の予約受注を開始した。発売は11月29日で、価格は289万4400円~446万400円。

 CX-8は2017年12月のデビュー時に、エンジンで直列4気筒DOHC 2.2リッター直噴ディーゼルターボ「SKYACTIV-D 2.2」のみをラインアップして発売されたが、今回の商品改良で2.5リッターガソリンの自然吸気&ターボの2種類を追加。ディーゼルと同じ6速ATとの組み合わせでバリエーションを拡大する。

ここまで引用

中くらいのに続き大きい奴にもガソリンエンジン搭載モデルが追加となりました

ネット上では大絶賛の自称クリーンディーゼルとやらも、実際問題そこまでの市民権は得られてはいないということか

もちろん商売である以上、売れる物を販売するのは間違っちゃいないのだが、あれだけ大々的に宣伝(広告費をばら撒いて)しておきながら結局はこれなんだよね

マツダのイメージは人それぞれだろうけで、俺様的には 「すぐに調子にのってしまう」 というのが一番強いかな

|

« 日常使用目的車両 | トップページ | 椅子 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。