« 違和感 | トップページ | 会長専用車 »

27万円差

トヨタ、「プロボックス」「サクシード」一部改良でハイブリッド車追加

Probox

 トヨタ自動車は11月19日、「プロボックス」「サクシード」を一部改良して12月3日に発売すると発表した。両モデルにハイブリッド車を追加するとともに、「Toyota Safety Sense」に昼間の歩行者検知機能を採用して安全性能を強化した。価格はプロボックスが137万3760円~196万5600円、サクシードが154万9800円~196万5600円。

 エンジンラインアップは、プロボックスがハイブリッド車、1.3リッターと1.5リッターのガソリン車で3タイプ。サクシードはハイブリッド車と1.5リッターのガソリン車の2タイプ。

ここまで引用

さて、誰が買うのだろうか

プリウスタクシーなどは話題性やエコ()アピールもあったのだろうが、今更ハイブリッドでエコ云々を語る奴などそう居ないだろう

価格差は1.5Lモデル比で27万円となっており、車両価格でみれば約15%のアップとなる訳で、純粋に商用車として考えれば安くはないわな

強いてこのモデルの存在意義を挙げるとすれば、ハイブリッドが商用車の世界にも広がって来たということか

つぅかこれが一番重要なのかも知れんな

プリウス、アクアといった専用モデルから始まったトヨタのハイブリッド戦略

少々の価格アップを気にしなかったり、パワーが必要とされるミニバンや大型セダンへの採用

そしてベーシックモデルであるヴィッツ、カローラへの搭載でより一層の普及を図り、そして次は商用車の世界へ、といった具合か

初代プリウスの登場から20年、ハイブリッドもようやく普通の車になって来たってことかね

|

« 違和感 | トップページ | 会長専用車 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。