« 自動運転 | トップページ | カプセル怪獣 »

さて、なにがあったのか

2018年10月の車名別ランキング、乗用車1位はトヨタ「アクア」

2018_10

 2018年10月の乗用車車名別販売ランキングの1位は、トヨタ「アクア」の1万405台(前年同月比103.7%)で、2位はトヨタ「シエンタ」9840台(同147.0%)、3位は日産自動車「ノート」9740台(同355.3%)となり、アクアのみが1万台以上を販売した。

 以降、4位トヨタ「プリウス」8792台(同87.8%)、5位トヨタ「カローラ」8644台(同132.9%)、6位トヨタ「ヴォクシー」7831台(同102.2%)、7位ホンダ「フリード」6751台(同95.6%)、8位トヨタ「クラウン」6715台(同293.5%)、9位ホンダ「フィット」6534台(同93.1%)、10位トヨタ「ルーミー」6440台(同90.9%)と続いた。

ここまで引用

自動運転箱が居ないんですけど

売り上げ№1自慢のセレナがトップ10から脱落した模様

代わりに6位にボクシィが入っていることから、トヨタが無茶をした頑張ったのかとも思ったのだが、兄弟車全てが以前と変らない数字を挙げている

自販連のデータではしっかり11位となっているのだが、数字的にはイマイチな感じ

e-POWER()追加以降、前年同月比を上回っていたというのに急な失速が気になる

たまたまなのか、ぞれとも一部で噂になっている自社登録が限界に来たってことなのか?

ついでに此方も販売台数№1自慢のノートを見てみると、何のかんの言いながらも実は昨年より数字が落ちていたという事実

反対に発売開始から丸7年を迎えようとしているアクアが未だに売れ続けているということにも驚かされた

オーナーさんの中にはアクアを乗り継いでいるなんて人も少なくないんだろうな

正直興味の無い車種でも、こういった数字をみると結構面白いかも

|

« 自動運転 | トップページ | カプセル怪獣 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。