« スーパーライセンス | トップページ | 6桁の足し算 »

予想外でした

三菱自動車「エクリプス クロス」が「2019年次 RJC カーオブザイヤー」受賞

Eclipse_1989

 三菱自動車工業は11月14日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」が、日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2019年次 RJC カーオブザイヤー」を受賞したと発表した。三菱自動車がRJC カーオブザイヤーを受賞するのは、2007年次の軽自動車「i」以来の受賞となる。

 RJC カーオブザイヤーの受賞理由については、「スタイリッシュなクーペスタイルのコンパクトSUVというだけではなく、三菱自動車独自の電子制御4輪駆動技術『S-AWC』により、高い走破性、操縦安定性を確保。新開発1.5リッター直噴ターボエンジン+8速スポーツモード付CVTは、中低速トルクを向上させることで、活発な走行性能を実現した」とされている。

 また、本田技研工業は軽貨物車「N-VAN(エヌバン)」が「2019年次 RJC カーオブザイヤー 特別賞」を受賞したことを発表。ホンダは2018年次 RJC テクノロジーオブザイヤーを獲得した「N-BOX(エヌボックス)」に続き、Nシリーズとしては2年連続の受賞となる。

ここまで引用

予想外過ぎる結果でした

ジムニーさんに関しては不正検査ナンチャラカンチャラの影響で辞退をしたらしく、結果的にエクリプスが受賞となりました

エクリプスというと思い出すのが独特なデザインのステアリングホイール

Mitsubishi_eclipse_199

同年代のギャランやミラージュも同じ様なデザインだった記憶があるのだが、改めて見て見るとオフセット無しの真円、そして3時9時の位置にスポークが無いというのは案外回し易いのかも知れないな

で、本題はエクリプス・クロスさん

正直な話 “エクリプスの名前を再利用した単なる流行物” 程度の認識しかありませぬ

個人的にはN-VANの方が面白かったと思うけれど、RJCのコンセプトから考えれば、車好きやマニアが興味を示さない車の受賞というのは正しい形なのかも知れないな

|

« スーパーライセンス | トップページ | 6桁の足し算 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。