« 5MT | トップページ | 偽物 »

シーズン終了

セバスチャン・ベッテル 「今シーズンを要約したようなレースだった」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1アブダビGPの決勝レースを2位表彰台で終えた。

今季、セバスチャン・ベッテルは5勝、5回のポールポジションを達成。合計320ポイントを獲得して、ドライバーズランキング2位でシーズンを終えた。

「今日のレースはシーズンをかなり要約していると思う。アップダウンがあって、最後はあと一歩のところまで近づいたけど、十分ではなかったというね」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

ここまで引用

毎年毎年妙な盛り上がりを魅せるアブダビGP

チャンピオン争いが絡む時はもちろんだが、今年の様にチャンピオン決定後でも本気度全開のかなり激しいレース展開が期待出来る

更にはナイトレースならではの独特な雰囲気の演出も大きいのかなと

で、レース結果は↓の通り

2018_f1

ベッテル自身にとってはもちろんなのだろうが、展開や最終順位を見ても今シーズンの縮図的なレースだった

トップ3はもちろんセカンドグループ以降を見てもマシンパフォーマンス通りの順位

またルノー、ザウバー、フォースインディア辺りは何時も通りの接触有りの大接戦

そしてまたまたエンジントラブルのトロロッソ・ホンダや、マシンパフォーマンス以上の走りを魅せたアロンソ等々、此方もお約束のレース内容

メルセデスの圧倒的強さは別としても、色々と面白いシーズンでした

レッドブル・ホンダへの期待度はもちろんだが、ベッテルの完全№1体制となる(であろう)フェラーリ

セカンドグループでもザウバー、フォースインディア、トロロッソ辺りは当たり外れは別としても今シーズン以上の体制になるのは間違いない

つまらなくなったと言いつつも、また来年も見てしまうのだろうな

|

« 5MT | トップページ | 偽物 »

レース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。