« さて、なにがあったのか | トップページ | 丁度好いとこ »

カプセル怪獣

レクサス新型車の量産開始

 

 トヨタ自動車は7日、福岡県宮若市の生産工場で、高級車ブランド「レクサス」の基幹モデルで10月24日から国内向けに発売した新型セダン「ES」の量産を始めた。サイドミラーに替わる後方確認カメラを、世界で初めて量産車に搭載できるようにした。世界的にスポーツタイプ多目的車(SUV)の人気が高い中、苦戦が続く高級セダン復権への期待をかけている。

 ESはレクサスブランドが誕生した1989年からあり、これまでは海外のみで販売されていた。トヨタによると、新型の国内受注は発売から約2週間で3千台を超え、月350台の販売目標の8倍強となっている。

ここまで引用

レクサスES300 日本名ウィンダム

ヲッサン的にはちょっと懐かしいフレーズを思い出す

日本国内にレクサスの名を知らしめたは、もしかしたらセルシオでなくウィンダムだったのかも知れんな

にも拘らず、レクサス様の国内展開と同時に生産中止となっていたウィンダムが復活となりました

当初はアルテッツアを突然高級車に仕立て上げたり、プリウスベースの謎のモデルを出すなどぶれ捲くりだった販売戦略もようやく落ち着いて来た感じか

車種構成もじわじわと拡がり、普通の自動車好きにはもう訳が判らん状態

まぁ庶民には判らない車種が増えたというのも、ある意味高級ブランドとして定着してきた証なのかも知れんな

|

« さて、なにがあったのか | トップページ | 丁度好いとこ »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。