« 丁度好いとこ | トップページ | わナンバー様 »

便乗リコール

マツダ、「アクセラ」「アテンザ」「CX-5」「CX-8」計23万5293台をリコール。バルブスプリングの不具合など

 マツダは11月8日、バルブスプリングやエンジン制御コンピュータに不具合があるとして「アクセラ」「アテンザ」「CX-5」「CX-8」の4車種、計23万5293台のリコールを国土交通省に届け出た。対象車両の製作期間は2012年2月13日~2018年7月4日。

 対象車両は、原動機の吸気側バルブスプリング、エンジン制御コンピュータに不具合があり、エンジンが停止するおそれがある。

 

ここまで引用

このエンジンのリコールって何度目だったっけ?

内容や対策が彼是書かれておりますが、要はエンジン内部に溜まる煤が原因ってこと

ECUのプログラム変更は過去に数度行われているものの、結局改善には至らず

そもそもが低圧縮に問題があるわけで根本的解決策などある筈も無く、延命措置として出来るのはエンジン内部の掃除程度

そんな時に出て来たスバルのバルブスプリング不具合問題

スバルのお陰で 『バルブスプリング=不具合が出ても不思議じゃない』 といった誤った認識が世間一般に広まっている

バルブスプリング交換ならばヘッドを開けること必要があり、“ついでに”燃焼室や吸気ポートの煤掃除が出来る

要はこんなとこだべ?

発売以来、自称車評論家の間では大絶賛のマツダのクリーンディーゼル()も実際はこんなもん

次は圧縮着火のガソリンエンジンを出すなどと吹き捲っておりますが、ディーゼルも満足に作れない様じゃ無理でしょ

この調子なら三度目も時間の問題かな

|

« 丁度好いとこ | トップページ | わナンバー様 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。