« えすろく | トップページ | 富士チャンピオンレース第6戦 »

かろだん

トヨタ、新型カローラのセダンモデル「カローラ」「レビン」世界初公開。日本では2019年内に発売

Levin_00

 トヨタ自動車は11月16日(現地時間)、同日に開幕した中国の広州国際モーターショーで、新型カローラシリーズのセダン(中国名:「カローラ」「レビン」)を世界初公開した。

 新型モデルは基本性能を大幅に向上したというGA-Cプラットフォームをベースに、国・地域の特性に応じてアクティブさを強調したスポーティモデル(北米、中国「レビン」、日本など)と、上級感を表現したプレステージモデル(中国「カローラ」、欧州など)の2タイプを設定。

Levin_01

 2019年春に米国・欧州で販売を開始した後に、2019年央以降に発売する中国など、世界150以上の国・地域で順次発売する。日本ではスポーティモデルのカローラをベースに、日本の道路環境などに合わせて最適化した専用仕様のセダン&ワゴンを2019年内に発売する予定になっている。

Levin_03_2

ここまで引用

新型カローラで最大の話題となっているのが万国共通シャシーの採用

先代の10代目モデルからは日本国内と海外仕様では異なるシャシー(ボディ)だったものが、新型からは再び同一シャシーに戻るという

日本国内仕様で懸念されているのがそのボディサイズ

4640x1780x1435mm、そしてホイールベースが2700mmと、カローラはもちろんプレミオから見てもかなり立派なサイズ

似た様なスペックを探してみると、先代BMW 3Sr(4615x1782x1421mm)と略同サイズであり、とてもカローラと呼べるサイズではない

しかしながら元々はカローラ(とプレミオの中間)クラスとして発売されたインプレッサも、現行型では4625x1775x1455となっており、カローラが立派になってもおかしくはないとは言えなくもない

問題は現行(歴代)モデルのオーナー氏の反応であろう

1695mm以下という5ナンバーサイズを頑なに守ってきたモデルが、一気に100mm近く広くなることに拒否反応を示しても不思議じゃない

この辺は運転時以外にも車庫事情の問題もあり、5ナンバーサイズで作ったスペースでは最近の車では納まらない場合もあるらしい

実際これ等が原因で8代目以降は基本シャシーをヴィッツと共用する国内専用モデルとなっている

記事を読む限りでは日本仕様は若干の変更が入るらしいのいだが、流石に5ナンバーサイズに収めるには無理がある

全幅1740mmくらいに抑え、あとはミラーtoミラーのサイズは旧型と大差ありませんよ、的な売り方をするのだろうな

もう一つは↑とは全く反対の考え

現行型カローラセダン購入者の平均年齢は69歳だという

カローラという安心感、大き過ぎないボディサイズから選ばれているのだろうが、自動車に憧れを持っていた世代に人達だけに、大きい車に拘りを持つ人も少なくはない筈

ユーザーの若返りと同時に、こういった層を狙ったのだと考えればサイズの誇大化も納得出来なくなくもない

正直、購入することはないだろが、日本を代表する1台だけに色んな面で気になるのは確かです

|

« えすろく | トップページ | 富士チャンピオンレース第6戦 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。