玩具

続・今日の1台

正しくは一昨日の1台なのだが

Opel

オペル カデットGT/E イルムシャー

ご存知(じゃない人の多いと思うが)いすゞジェミニの兄弟車、というかベースとなったモデルです

スーパーカーブームの流れからレースファンとなり、その時代に全日本ラリーで活躍していたのがジェミニZZ/R

更には一目惚れしたピアッツァのベースとなったモデルという事もあり、気になる1台でした

初めての車を購入する際にも少々考えたのだが、発売開始から既に10年以上が経過していた「古い車」ということもあり、新型のFFジェミニを選ら結果に

もしあの時にZZ/Rを選んでいたら、その後の自動車生活も違ったのかも知れないな

| | コメント (0)

今日の1台

スイマセン、本当は4台のうちの1台です

ボーナスも出たことだし、なんてことはなく単に発売日が重なってしまっただけの悲劇です

予約品ついでに、衝動買いしてしまった1台が此方

Hs216wh

EP71型 スターレット Si Limted

俺様世代には直球ど真ん中の1台

DOHCが高嶺の花だった時代、SOHC12バルブだけでも大騒ぎ

FFになってしまったことを悲観する大人達も居た様ですが、免許も持たない小僧にとって重要なのは駆動方式よりエンジンスペック

そんなスターレットさん、俺様自身が買った訳ではありませんが、コレを買った同級生が結構おりました

新車ではスターレット、また中古ではシティターボを買った友人知人が合わせて10人近くいたと記憶しているのだが、殆どの人がそこまでの車好きでなかったというのが面白い

免許取得前から雑誌を見ながらあーでもないこーでもない騒いでいた様な連中でなく、免許を取って取り合えず最初の車に、といった感じの人が多かった気がする

もちろん車なぞ何でもいいという人もいたのだが、マニア(予備軍)でなくても、自動車というものが特別な物だった時代なんだろうな

| | コメント (0)

水平対向12気筒

スパーク 1/43 スバル・コローニC3B

Fs11

40代以上の(当時の)F1ファンならばご存知のコローニ・スバル

スバル製水平対向12気筒エンジンを搭載ということで“一瞬”話題になったモデルですが、実態は少々異なります

スバル製と言われたエンジンも、実は元アルファロメオのエンジニアであるカロル・キティ氏が率いるモトーリ・モデルニ社製であり、スバルは単に資金提供のみ

更には搭載チームが見つからず、弱小チームであったコローニをスバルが買収したという裏もある

スバルワークスといえば聞こえは良いが、実際は単に金を出しただけとも言える訳でバブル期らしい話だわな

| | コメント (0)

JT150

ハセガワから発売となっている、いすゞジェミニの1/24プラモデル

Resize6926_2

JT190型のイルムシャーとHBLに続き、JT150型イルムシャーの発売も決定

1988年式 JT190

Resize6923_2

そして

1989年式 JT150

Resize6921_2

最大の違いはボンネットのNACAダクト

最近(といっても10年以上前だが)ではラジエター前に見えるインタークーラーがお洒落アイテムとなっておりますが、その昔はボンネット上のダクトが流行だったりもしておりました

またこのキットではパーツの選択により、88.5型と89.5型の作り分けが可能という素敵な設計となっている

外観上の違いはフロントとサイドのウインカー、そしてリアスポイラーの形状・・・・・

ってウインカーの色が間違ってるじゃん

本来は89.5型のフロントウインカーはクリアなのだが、作例ではしっかりとオレンジ色になっている

商品説明にも記載しておきながら、広報モデルで間違えちゃ駄目だろ

Resize6928_2

などと細かい突っ込みを入れたりするものの、30年も前に自分が乗っていたモデルがキット化されるというのは嬉しいよね

もちろんJT190に続き、JT150も注文してしまいました

きっちり作り上げる腕も道具もなく、ただ箱を開けてニヤニヤするだけなのだが、それもまた趣きがあって良いかなと

| | コメント (0)

ろくよん

この夏休み、何故かトミカを大量購入

Ga70

その数11台

欲しい車種の購入ついでに送料が勿体無いから、といった間違った方向の勿体無いお化けが現れちゃいました

しかしながら1/43スケールなら2~3台しか買えない程度の出費で済んでいる

Gc210

新製品でなかったり、不人気カラー等々で安かったというのもあるのだが、やはり1/64スケールは安くて好いよね

Beleg

最初から1/64スケール狙いでいってれば、もう少し生活も楽だったのかも

| | コメント (0)

今日の予約品

今年のルマンモデルが予約開始となっちゃいました

トヨタ8号車

Resize6849

ポルシェ92号車

Resize6841_2

ポルシェ77号車

Resize6888

気がつけば、各クラスの優勝車両を押さえるという少々ベタな状況

トヨタについては優勝モデルを購入するつもりでいたのは確かだが、ポルシェ2台は購入予定モデルがたまたま優勝してしまっただけのこと

他にもロスマンズ風カラーのポルシェ91号車や、レベリオン1号車も欲しいのだが5台のモデルが次々と出されては流石について行けないということで、一応は我慢しておきました

うん、ちょっとは大人になったぞ

| | コメント (0)

趣味 自動車模型収集

サーキット走行趣味休業から半年、もう一つの趣味であるミニカー収集のペースが上がっております

不要となったタイヤや部品を売り払ったところ結構な収入となり、プレミア価格に躊躇していた絶版モデル思い切って買ってみたりもしております

セリカLBターボ

10099580a2

パジェロ

Hpi89311

917K

Sparkmap02027014porsche917kgulfdayt

917/20

S1896_2

うん、これはこれで幸せかも

| | コメント (0)

久々アルファロメオ

Alfa Romeo Sauber F1 Presentation 2018

S6051_3_01


アルファロメオのモデルカーも久々な気がする

アルファロメオとの提携後に発表された、2017モデルのカラーリング違い仕様のモデル化という、ちょっと珍しい仕様

購入予定はなかったのだが、彼方此方の店で売り切れとなっており 『買えないとなると欲しくなるのが人間の性』 が発動し、なんとか入手に成功

まぁ買ったら買ったで梱包された状態で放置なんだけどな

| | コメント (0)

初ヴィッツ

Toyota Yaris WRC No.10 Winner Rally Sweden 2017

S5165

J.-M. Latvala - M. Anttila

ヴィッツのモデルカーは初めてな気がする

初優勝モデルを選らんだのだが、ちょっとゴテゴテし過ぎかなと

これならばデビュー戦のモンテ仕様の方が良かったかも?

| | コメント (0)

ラストレース仕様

来月発売となるリジェJS41亜久里モデル

発売となるのはパシフィックGP仕様と日本GP仕様の2種類

さて、どちらにしようか

鈴鹿開催、そして亜久里氏最後のGPとなった日本GP

リタイアに終わったとはいえ、結果的に最後のレースとなったパシフィックGP

ふむ、迷う

少々悩んだ結果に選んだのはパシフィックGP仕様

Js41

↑の通り、コレクション的には考えれば日本GPなのだが、やはりレースは走ってなんぼの世界だろ、という結論に落ち着きました

で、リジェJS41というと忘れちゃならいのがBSの開発車両

Ligier_js41_bs_testcar

開発ドライバーも亜久里氏の他、今をときめくマックス・フェルスタッペンの父親、ヨス・フェルスタッペン、そして同年にワールドチャンピン獲得をしたデイモン・ヒルという豪華過ぎるメンバー

おそらくこれもモデル化されるの間違いないだろうが、コッチもコッチで誰のモデルを買うか悩むんだろうな

| | コメント (0)

より以前の記事一覧